生産管理システムが難しいと感じる理由

生産管理システムについてよく理解していなかったとしても、このシステムが良いものだということは分かるという方が多くいらっしゃいます。

しかし生産管理システムの導入までは至っていないという企業も少なくありません。
では、導入には至っていない理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

生産管理システムは難しいと感じる

各企業によって生産方法が異なっている

生産管理システムを自社に合わせて作成しているのであれば、システムの生産方式は自社スタイルになっているので大きな問題にはならないかもしれません。

しかし企業が生産管理システムを導入する時には、既成のシステムを購入するというケースが多くみられます。
つまり自社の生産方式とは異なるシステムが出来上がってしまっているということです。

例えば、生産方式には「連続生産方式」「ロット生産方式」「個別生産方式」という3種類があり、これだけでも大きな差になります。

生産方式が変わってしまえば、その後のシステムも変更せざるをえないので、最初の段階で躓いてしまうということがあるようです。

生産形態が違う

企業によっては、部品を工場へ運び生産を完成させ、特定の工場へ運び、その後さらに別の工場へ運ばれたあとに、配送センターが集荷センターに送られるということがあります。

このプロセスがそれぞれ異なっているために、既存の生産管理システムを使えないと感じる企業もあります。

負荷計画

「負荷計画」が生産管理システムには組み込まれています。
使いこなせると非常に便利で効率的な業務計画となるのですが、この負荷計画を立てる事自体が難しいと言われています。

負荷計画とは理想としている生産計画と実際に行なうことのできる生産能力とのギャップ(負荷)を検討し対策を取ることです。

つまりまず現在の生産能力にしたがって生産計画を練らなければならないものの、この生産計画自体が分からず、
結果として負荷計画を立てられないという企業も少なくありません。

使いこなすためには幅広い知識が必要になる

生産管理システムを導入した方の中には、実際に試したものの専門的な知識の多さに圧倒されてしまったという方もいいらっしゃいます。

例えば「資材購買管理システム」「在庫管理システム」「出荷管理システム」「在庫管理システム」「原価管理システム」などの項目があり、それぞれの知識がなければ登録すらもできない状態になってしまいます。

他にも「お客のリードタイム」「直販顧客」「代理店」といった言葉の意味の違いなどについてもきちんと理解していないと使用は難しくなってしまいます。

生産管理システムに組み込まれているノウハウを理解できない

生産管理についてまったく理解できていない状態で、システムを導入したとしてもその利便性を感じることは難しくなります。

実際この生産管理システムには多くの企業に積み重なってきた経験やノウハウが集約されているので非常に貴重なものです。

しかし、そのノウハウを見極めるためには、生産管理に関するある程度の知識が必要になります。
ノウハウを理解するためには、やはり専門的な知識をある程度得ているということも条件になります。

生産管理システムの扱う範囲は非常に広くなっており、それゆえにこのシステムは非常に優れているものです。
しかしその広範囲であるという強みが、逆に専門性を高めることになり、そのノウハウを理解しにくいものとしているという面があります。

使いこなすことが難しいことのメリット

先程説明したように、専門的な知識が必要になるため生産管理システムの導入をためらっている会社はたくさんあります。

ではこのシステムに欠陥があるということでしょうか?
決してそのような事はありません。

この生産管理システムは非常に優秀なものであり、経営戦略、在庫管理、業務効率などあらゆる面で企業を変化させることができます。

つまり上手く使いこなす事ができれば、使いこなすことのできない同業種との差別化を図ることができるということになります。

これは同業者との「違い」を出す、つまり業界での勝利にも繋がるものなので、たとえ難しいとしても使いこなす努力を払う価値はあると言えるでしょう。